競馬TVトップ
[競馬専門] 無料メールマガジン配信スタンド!競馬TV
メルマガ検索 
2019年03月17日 10時00分 発行
スプリングステークスの期待値の高そうな馬
毎月あと少し収入を増やしてみませんか?です。

昨日は2戦2勝と的中率100%でした。

的中レース
ファルコンステークス
4歳上1000万下

総配当金額
7,080円
回収率
354%

昨日は大満足の結果となりました。

今日もこのような結果を出したいですね。

今日はスプリングステークスです。

せっかくなのでスプリングステークスで私が馬券に絡めている期待値が高そうな馬を1頭紹介したいと思います。

エメラルファイトです。

エメラルファイトは前走の白梅賞を勝っていますが朝日杯フューチュリティステークス6着、札幌2歳ステークス4着と、あと一歩が足りない印象がある馬なのでスプリングステークスではあまり人気にならなさそうです。

そんなエメラルファイトが、なぜスプリングステークスで期待値の高そうな馬なのかを話していきます。

エメラルファイトは朝日杯フューチュリティステークスで6着と敗れています。

この数字だけを見ると

「うーん、重賞では足りないのかあぁ」

と思ってしまいますが、そうではありません。

朝日杯フューチュリティステークスの結果を見てみると1〜5着に4角順位が6番手以内の馬が入っているように

”究極の前残り競馬でした”

そんな中でエメラルファイトは4コーナー13番手という後方の位置取りから上がり最速である33秒5を使って6着

着差は1.2秒離されましたが4コーナー10番手以下だった馬の中では0.6秒以上の差をつけている事から内容は決して悪くありません。

続く、白梅賞ではしっかりと勝ち切っているようにエメラルファイトの力を示すレースであったと言えます。

またそれ以外のレース内容も悪くありません。

重賞である札幌2歳ステークスでは4着に負けているんですがこのレースは2着ナイママが最初に捲って勝ち馬ニシノデイジーも途中で捲るような

「捲り競馬」でした。

4コーナーでの順位がナイママ1番手、ニシノデイジー2番手だったことを考えると、持久力勝負で直線での差しは厳しかったレースですね。

そんな中でエメラルファイトは4コーナーで9番手と絶望的な位置取り。

この流れで0.3秒差4着まで上がってきたのは、力の証明だと言えます。

また3走前のアイビーステークスはエメラルファイトが苦手とする上がりのスピード勝負。

クロノジェネシスには力負けをしましたがそこまで悲観する内容ではありません。

なのであまりに人気が低くなりそうなら期待値の面でエメラルファイトは美味しい存在となる可能性があると私はみています。
          
無料購読  購読解除  
バックナンバー
2019年03月31日10時00分
2019年03月28日20時00分
2019年03月24日10時00分
2019年03月21日20時30分
2019年03月14日20時00分
2019年03月10日10時00分