競馬TVトップ
[競馬専門] 無料メールマガジン配信スタンド!競馬TV
メルマガ検索 
2019年03月14日 20時00分 発行
競馬の勉強法について
毎月あと少し収入を増やしてみませんか?です。

先週は最初ということもあり結果を出したい所で結果を出せたのは良かったです。

先週の結果です。
4戦3勝
的中レース
サンシャインS 5,550円
アネモネS 2,360円
金鯱賞 1,880円
回収率は245%でした。

初週はやはりかなり手堅く入ってしまいましたが結果に繋がり良かったです。

今週も結果を残せるように頑張りたいと思います!

今日は最初なので競馬で収入を増やす為に1番重要な競馬の勉強法について書いていきたいと思います!

競馬の勉強なんて聞くと、「競馬の勉強?競馬なんて適当に好きなの買えば良いじゃん」そう反応する人も多いと思います。

しかし、そう思う人はそう思っていてOKです。

別に競馬について研究したり分析したりしなくても、レジャーとして、娯楽として楽しむのであれば、どんな買い方をしてもきっと楽しいと思います。

誕生日の数字で適当に買った馬券で高配当が当たったなんて話もあるのですから。

でも、自分で競馬必勝法を編み出したい!とか、絶対に競馬で勝ちたいんだ!とか、そういう志を持っている、私と同じような考えの持ち主の場合、競馬の研究や勉強は必要不可欠です。

競馬で勝ちたいのであれば競馬を「深く」研究する事はとても重要。

時々「競馬を独自に研究したけどダメでした」と言う人に出会う事がありますが、たいてい話を聞いてみれば過去の単勝1番人気〜18番人気の回収率を調べてみたら、どの人気の馬も買い続けたら収支がマイナスでした…とかその程度。

馬法の方程式のような、賭け金を上げて行くいわゆる追い上げのような方法でパンクしちゃいましたとか、ものすごく浅い!浅すぎるんですよ!

誰かに自分の研究内容を話したら、「競馬の研究でそこまでやりますか!すごすぎます!!!」と驚かれるぐらいじゃないと研究した内には入らないのでは無いでしょうか?

ほとんどの人は本気度が低いです。

馬券を買うほとんどの人が勉強や研究なんてしていません。

先ほども言ったように、ちょっと勉強している程度の人の知識なんて常勝している勝ち組から見れば「浅い」ですから、これも勉強している内には入りません。

つまり、競馬で絶対に勝ち組になりたいのであれば、競馬を徹底的に極めれば良いだけの話なんです。

私も競馬の勉強・研究を徹底的にやりました。

今では長年継続して馬券収支は黒字です。

勝っている人の言葉だけを聞きましょう!

例えば、あなたがプロ野球の選手になりたいと思ったとします。

では、あなたは次の内どの人にアドバイスを求めますか?

野球選手を目指していたが、途中で挫折した現在営業マンのAさん

かつて野球選手を目指していて、現在も現役で野球選手のBさん

自分自身もプロになり、多数のプロ選手を育てたコーチのCさん

さぁ、あなたはどちらの言う事を聞きたいと思いますか?

当然どう考えてもCさんのアドバイスだと思います。

しかし競馬の世界ではそれとは真逆の事が起きています。

負け組の人間が、「競馬なんてテラ銭25%抜かれてんだから長い目で見て勝てるわけないよ」と言うと、なぜかその意見をすんなり受け入れてしまう人が多いのです。

しかし、テラ銭が25%だから全員が回収率75%になるわけではありません。

回収率30%40%と言う人もザラにいます。

そして、その回収率が30%40%の人達が失ったお金はどこへ行くか?

その負け分は、競馬必勝法をマスターした馬券強者の懐以外に行く場所が無いのです。

普通に考えて、負け組の人間からアドバイスを受けても、なれるのは負け組です。

勝ち組の人間からアドバイスを貰えば、勝ち組になれる可能性はあります。

まず、あなたは勝ち組と負け組どちらのアドバイスを受けたいのか?

それをはっきりしておく必要があると思います。

競馬予想の上達法・勉強法についてですが、私が初心者の人に「どうやったら競馬で勝てるようになりますか?」と尋ねられたら、おそらくこう答えます。

「とにかく沢山のレースを何度も見ること」だと。

競馬は中国では「賽馬」と書き、文字から察するにサイコロの代わりに馬の競走を用いたギャンブルだと言う事でしょう。

しかし、六面体でどの目も出現する確率が同一であるサイコロとは違い、実際の競馬には馬の「能力」や「走らせ方」によって各馬の勝率は千差万別です。

そんな複雑な競馬のレース結果を正確に予測しようと思ったら、やはり実際のレースを出来るだけ沢山、しかも何度も繰り返し見る事が重要だと私は考えています。

レース結果に至るまでの一部始終がすべて映像になっているからです。

予想と言う行為は楽しいものですが、それは未来の事を妄想しているに過ぎず、頭に思い描いたレースの内容は現実の出来事ではありません。

しかし、過去のレースと言うのは現実に起こった言わば「データ」の1つであり、現実に起きた事である以上、似た現象が今後起きる可能性も含んでいます。

日曜の競馬が終わった瞬間に、次週の特別登録馬をチェックして、1週間かけて予想をするぐらいなら、1週間かけて前週のレースをとことんチェックしてみる方が有益だと言う事です。

具体的に言えば、例えば新聞のコメント欄1つとってみても、レース前に読むコメントはあくまで発言者の主観による評価に過ぎません。

しかし、レース後にコメントを読めば「なるほど次からこんな言い回しのコメントの時は馬券的に避けた方が良さそうだ」と自分の次の馬券につながる収穫を得ることができます。

レース映像の中にはそんな「利益にダイレクトにつながる情報」が満載なんです。

競馬ファンの99%が予習はしても復習はしません。

だから、復習をキッチリやれば勝てるんです。

有名な「二度ある事は三度ある」のことわざの通り、二度も起きた事は大抵起きた原因があり、その原因があれば三度目も起きるのです。

その三度目を予測するのにデータや過去の記録というのはとても重要なのです。

最初から少しきつい内容になってしまいましたが、最初だからこそ競馬で稼ぐのは簡単ではないことを知ってもらいたく、このような内容になってしまいました。

私もまだまだ馬券収支は黒字にはなってはいますが未熟者です。

これから共に競馬の勉強をしていけたらなと思っています。

これからも宜しくお願いします。
          
無料購読  購読解除  
バックナンバー
2019年03月31日10時00分
2019年03月28日20時00分
2019年03月24日10時00分
2019年03月21日20時30分
2019年03月14日20時00分
2019年03月10日10時00分