競馬TVトップ
[競馬専門] 無料メールマガジン配信スタンド!競馬TV
メルマガ検索 
毎週金曜夕方以降配信させて頂いている【重賞枠順確定後の全馬診断】は、
最終的な予想を見なくても非常に馬券の参考になるとご好評を頂いています。

【↓配信例1】
『2015年小倉大賞典の全馬診断一部記載』

1枠1番ダコール
鮮度はもちろんないが、短縮、近年有利な内枠と舞台は絶好。
年齢的にも重賞制覇のラストチャンスと言っていい。
ただ内突くよりは大外ぶんまわしのイメージ強いが。

2枠4番ラングレー
今まで全く評価してこなかったように重賞では凡走を繰り返し相手弱化でないと走らない。
典型的な人気先行のディープ産駒。
今回は今までで一番良い舞台設定だが、この人気で走れる方に賭けるのはもちろん妙味薄い。

結果
ダコール11番人気3着(最終的な予想は◎本命)
ラングレー1番人気7着(最終的な予想は7番手評価の△)

【↓配信例2】
『2015年中山記念の全馬診断一部記載』

4枠4番ヌーヴァレコルト
中山はハーツクライ産駒なので得意だろう。
1番人気ではないのならば買いたい。

4枠7番ロゴタイプ
初ダートの前走は直線あわやという場面見せたように決して凡走ではないと思うが、
すぐ芝に戻すというのも陣営の迷いを感じる。
とはいえここはベスト条件。

8枠10番イスラボニータ
少頭数の外枠、休み明けはいずれも不得意なので取りこぼす可能性大。

結果

ヌーヴァレコルト4番人気1着(最終的な予想は〇対抗)
ロゴタイプ2番人気2着(最終的な予想は◎本命)
イスラボニータ1番人気5着(最終的な予想は4番手評価の△)

【↓配信例3】
『2015年京都金杯の全馬診断一部記載』

1枠1番エキストラエンド
昨年の覇者。ただ臨戦過程は間隔空けて短縮で出てきた昨年の方がはるかにいい。
今回は使い詰めでG1好走後と、反動の方が怖い。
毎年1月京都芝は内枠天国で去年はディープ産駒が京都芝重賞全勝だったように、
馬券から完全に外すのはどうかも抑えの一頭ぐらいか。

1枠2番マイネルメリエンダ
このレース実績ある天皇賞春勝ち馬、または産駒が天皇賞春を勝った馬を父、母父に持つ。
鮮度的にも格上げ二戦目の重賞初挑戦と絶好だが、軽すぎる京都がどうかだろう。
ハイペースになって欲しい。

2枠4番ウインフルブルーム
このレース実績ある天皇賞春勝ち馬を父に持つ。また短縮。
この枠でおそらく馬場は内枠天国なのだから思い切って逃げた方がいい。
それと馬体はさすがに絞れないと。この二つさえ満たせば。

4枠8番グランデッツァ
前走は高速京都適正見せた。
ただ充実期過ぎたアグネスタキオン産駒に連続好走望むのは?
前走自体時計も速く反動怖い。

結果
ウインフルブルーム4番人気1着(最終的な予想は◎本命)
エキストラエンド4番人気2着(最終的な予想は5番手評価の△)
マイネルメリエンダ7番人気3着(最終的な予想は〇対抗)
グランデッツァ1番人気5着(最終的な予想は無印で評価せず)

◆◆◆◆◆

以上のように過去の実績や新聞の印など表面的な人気に惑わされず、
各馬の「今、そのレースで走れるか否か」を評価させて頂いております。

予想に丸乗りして機械的に買うよりは、自分で考えて馬券購入したい、という方にはさらにお薦めです。

読者様の馬券攻略に是非お役立て下さい。
006441
94人
2017年04月30日 12時56分
パソコン向け
週間
最新号のみ公開
無料購読  購読解除  
2017年04月30日 12時56分 発行
2017年天皇賞・春全馬診断後編
『単発予想版』天皇賞・春他2017年4月30日(日)勝負レースの一部を買い切りにてご購読可能です!

・2017年天皇賞・春予想
・【本日一番自信有】京都10R


詳細はこちら!
↓
https://goo.gl/fy9fRQ


2017年天皇賞・春9~17番診断

5枠9番ディーマジェスティ
徐々に鮮度がなくなってきた感ある。
近況イマイチな上に一般的に3000m以上は苦しいディープインパクト産駒なので積極的に買う理由はない。

5枠10番アドマイヤデウス
G2までならパーフェクト。G1では厳しい。

6枠11番プロレタリアト
重賞以上では現状厳しいか。

6枠12番ゴールドアクター
中山中距離がベスト。あまりに長い距離だと微妙。

7枠13番トーセンバジル
前走は緩い流れの少頭数で揉まれなかったので流れ込んだだけ。
さらに強くなる今回は苦しい。

7枠14番ワンアンドオンリー
不振で。

8枠15番サトノダイヤモンド
正直切る理由を探すのに困る。

8枠16番レインボーライン
強い相手の多頭数混戦で期待値高いステイゴールド産駒。
内枠向きなのでこの大外枠は痛いが、うまく内に潜り込めれば。

8枠17番ヤマカツライデン
厳しい。

↓2017年天皇賞・春その他の馬の診断+注目馬はこちら



↓天皇賞春の穴馬は!?
https://goo.gl/PHRgQY
無料購読  購読解除